納骨

都心型の墓地

都心型墓地と郊外型墓地ではそれぞれ特徴が異なります。
都心型墓地に関しては、土地が少ないため墓地の規模も小さいものが多いですが、
郊外型墓地に関しては、土地があるため、墓地の規模も大きいもの比較的多いと言えます。

当然、アクセスの良いと都心型墓地は人気であり、
特に首都圏では墓地不足が深刻化している状態です。
そのため、比較的コストがかからない壁面型墓地や納骨堂、
いわゆるロッカー式の墓地、
お墓のマンションといったものも人気があります。
※ロッカー式、マンション型墓地は東京都内では麻布や文京など高級住宅地に多く、
管理のしやすさ、利便性から人気があります。

また、郊外よりも都心の方「寂しくない」
といった感情を重視して選ぶ人もいるようです。
どうしても自宅からの距離が近く、
少しでもコストがかからないほうがよい墓地に人気が集中するため、
現在は非常に墓地開発は盛んです。
特に都心における事業型墓地の開発はピークを迎え、
墓地ビジネスはこれからバブルをむかえると言われています。
しかし、当然ビジネス、営利目的だけの事業型墓地になると問題が出てくることもあります。

事業型墓地を選ぶ際に、気をつけるべきポイントを以下に上げます。

・経営、管理を行う組織、責任体制が明確であること。
・充分な基本財産があること。
・自ら土地を所有していること。
・名義貸しでないこと。
・墓地経営者に利用者を尊重した高い倫理性があること。
・長期的なプランがしっかりしていること。
・基本的に標準契約約款に沿った、明確な契約、規約であること。

上記の用に墓地ビジネスの需要につけこんで、
利用者の立場で運営されていない事業型墓地もあるかもしれません。
墓地はその永続的にきちんと運営できるような状態でないといけません。
目先の利益で経営している事業型墓地は危険です。
多様化している都心型墓地では、検討する点も多いので、
生前からじっくりと早めに選ぶことが大事だと思います。