納骨

オリジナル墓石

個性的な墓石にしたい、
人とは違うデザインにしたいというオリジナル墓石の需要も増えてきています。
ただし、墓地によっては墓石のデザインに制限があったりします。
特に寺院墓地などは外観を気にするため、
従来の和型のみ墓石に制限されていたりします。

また墓地によっては指定の石材店があるのでその時点で、
オリジナルの墓石をつくることができない場合があります。
オリジナルのデザインで墓石を建ててよいのかどうか、
まずはきちんと事前に確認した方がよいでしょう。
現在は石材加工技術の進歩により、
彫刻や色、形など自由に表現することができます。

例えば自身の趣味を取り入れたイメージ、
ゴルフやサッカーなどのスポーツを連想させるデザインや
洋風や和風といったところによせず、
モダンなデザインでシンプルなものであったりと、
様々な墓石をつくることができます。

また最近人気であるのは、和型墓石のイメージ
(もともとは仏舎利塔や五輪塔、位牌をモチーフにしたものです。)
は崩さずにシンプルに少しモダンにしたデザインや、
洋型墓地のイメージで少し変わった色を使うデザインなど
伝統的なデザインを少しアレンジしたものです。

オリジナル墓石をつくる際に重要なのは、
購入者のイメージがはっきりしていることです。
石材店の担当者と綿密に打ち合わせをし、
正確に自分のイメージを伝えましょう。
また、具体的なデザインがイメージできない場合などは、
石材店の担当者に相談して具体的なアイデアを提案してもらうとよいでしょう。

オリジナル墓石を発注する際に注意する点は、上記の墓地の制限以外に、
・コスト費用が高くなる
・工事、施工期間が長くなる
といった2点が挙げられます。

技術的に難しい彫刻を施したり、希少価値のある石材を使用したりすれば、
当然値段は上がっていきます。
また、当然、オリジナルデザインの方が通常の墓石よりつくるのに時間がかかります。
予算や納期は必ず余裕をもってみておくおきましょう。