納骨

お墓の付属品

主に和型のお墓に必要な付属品を挙げていくと、
まず墓石があり、外柵、花立て、香炉、卒塔婆立て、
墓誌、灯籠、水鉢、手水鉢、物置台、玉砂利、お地蔵様などになります。
それぞれの役割を説明すると外柵とは隣接するお墓の境界線を明確にするものです。

最近ではお墓全体のバランスを考えてデザインされるものが多いです。
お墓の構造上、重要な部分にあたります。
花立てとはお供えの花を立てる器です。
水鉢と一体化されているものもありますが、通常は水鉢と左右対称に置かれます。
ステンレス製のものが最近は多いです。

香炉とはお線香をお供えする器です。
立てて置くタイプのものと横に寝かせて置くタイプがあります。
横に寝かせて置くタイプは雨がかからないようになっています。
卒塔婆立ては、卒塔婆を立てるものです。
卒塔婆には戒名や経文を記しています。
卒塔婆とはもとは仏舎利を安置するうための建造物を意味していて、
五輪塔を簡略化したものと言われています。
浄土真宗では必要ありません。

墓誌とは故人の戒名や生年月日などを刻むものです。
墓石に名前を書ききれなくなっている場合には必ず設置するものです。
香箱加工、水垂れ加工といったタイプがあります。
灯籠には火を灯さなくても邪気を払う効果があると言われ、設置されます。
丸形と角型など、通常は一対で配置しますが、一つだけ置く場合には右側に置きます。
他に置灯篭、雪見灯篭などのタイプがあります。

手水鉢はお墓参りの際に手を洗い清めるものですが、装飾品として置かれています。
水鉢はお墓の中央に置かれます。
仏様ののどを潤すためのものです。
お墓の中心に配置されるため、家紋を入れることも多いです。
玉砂利は墓地内の石のない部分に敷き詰め詰めます。
化粧砂利ともいいます。

生後まもなく亡くなった子供の供養としてお地蔵様は建てられます。
お墓の付属品に関しても、墓石と同様に豪華に飾ることもできますが、
当然予算や墓地区画の広さによって用意できるものが変わってきます。
石材店にトータルでの予算ということで相談しましょう。