納骨

民営墓地とは

民営墓地とは、公益法人(財団法人や社団法人など)や
宗教法人が経営している墓地のことで、
宗旨、宗派を問わずに運営している墓地のことを指します。
公営墓地よりも永代使用料、管理料などのコストが高くなる場合もありますが、
申し込み資格などの条件が少ないため、誰でも利用することができます。

その他のメリットとしては、デザイン、
利便性の高い墓地が多いところでしょう。
駐車場や水場、水桶などお墓参りに必要な施設や備品が充実しています。
またペットと一緒に入ることができる霊園もあるように
時代のニーズに即したタイプが多いのも特徴です。
現在も次々と新しいサービスが出て来ているので、
ユニークでこだわりの条件がある人には民営墓地を探してみることをおすすめします。

また、公営型墓地と違う点は、
生前でも区画墓地の永大使用権を購入できることです。
そして、区画面積や墓石のデザインについても
比較的自由に選ぶことができ所が多いようです。
しかし、民営墓地によっては墓石を建てる場合に
指定石材店として決められるところもああります。
墓石をつくるところまでパッケージとしてセットなので
手続きがスムーズでだと考えることもできます。
が、そのために自身の思うような条件で墓石を決められない場合もあります。
事前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

また、都心に増えてきている事業型墓地の場合には、
運営、経営ルールもその主によって異なってきますから、
選ぶ際にはより事前に明確にしておく必要あります。
運営、経営主、その責任団体をきちんと把握することはもちろん、
経営状態、運営計画、土地の所有者、契約の規約などより細部まで調べることが大切です。

特にその経営主、責任団体が倫理性が薄く、
営利目的のみで運営しているようであるならば、やめた方がよいでしょう。
いいかげんな管理、経営状態だと永続制が保証されない、、、
墓地そのものが潰れてしまうリスクがあります。
運営実績も重要視しましょう。