納骨

公営墓地とは

公営墓地とは、市町村や都道府県などの自治体が運営している墓地です。
実際の管理は委託された公益法人が行っている場合もあります。
一般に応募申し込み制で、希望者が多い場合は抽選となります。
申し込み資格はその都道府県および市町村の住民であることです。

さらに、住民登録後一定期間以上の居住歴があること、
継承者があること、既に遺骨があることなどそれぞれの都道府県、
市町村によって条件は変わってきます。
まずは申し込み条件を、公営墓地担当窓口に問い合わせするとよいでしょう。

公営墓地のメリットは民営墓地や寺院墓地に比べて、
永代使用料が比較的安価なことに加え、管理料が安いことです。
もう一つのメリットは永続性が保証されていることで、
安心して預けることができます。

さらに宗教を問わないので、どのような宗教の人でも利用することができます。
そしてデザインや、石材店などを自由に選ぶことができるので、
民営墓地のように石材店を指定されているようなケースはなく、
選択肢の幅が広がります。

デメリットに関しては
募集時期年一回程度であること、首都圏ではほぼ満杯状態であるため、
抽選の競争率がとても厳しいことです。
また、敷地が広い墓地が多いため、
自身の墓を見つけ辛いということもあるかもしれません。
しかし、人口の減少とともに空きの墓地は増えてきている状態ですし、
さらに首都圏内の墓地は永代使用の墓地ではなく、
共用型の集合墓や合葬墓などの計画がすすんでいます。
少しでも興味がある場合は、申し込みしてみた方がよいでしょう。

公営墓地の一般的な申し込みの流れについて説明すると
まずは郵送に専用の申込書に必要事項を記入して提出します。
すると、受付番号がハガキにて通知され、役所で公開抽選会が行われます。

無事、当選された場合は、当選ハガキ、本籍記載の住民票、実印、
印鑑登録証明書、火葬許可証、埋葬許可証、
申込者が祭祀の主宰者であることを証明するものなどを提出し、
審査という流れになります。
審査後、使用料、管理料を支払い、使用許可証が発行されます。
手続きに不備があると棄権になってしまいますので、
丁寧に手続きをすすめましょう。