納骨

寺院墓地の費用

寺院墓地の費用は率直に言って、
一番高額になる可能性が高いと言ってよいでしょう。
しかし、それでも格式の高い寺院で立地が良く、
また手厚い供養してもらうことができるため、
それだけの価値があると考えることもできます。

具体的にメリットを挙げると、住職が住んでいるので安心できますし、
法要を本堂で営めます。
また、僧侶に頼めばいつでも読経をしてもらえます。
寺院墓地を所有すれば、お寺と身近な関係になるため、
困った際には相談にものってもらえるでしょう。
特に自宅近くにある場合には、その地域のこともよくわかっていますし、
その利便性はとても高いと思います。

しかし、デメリットについて考えると、まず寺院墓地にお墓を建てる資格、
色々な条件が必要になることです。
檀家や同宗派でなくては、寺院墓地にお墓を建てられないケースもあり、
宗教、宗派を問われなくても、新興宗教など、
特定の宗教に関しては拒否されることもあります。
また、墓地のデザインなどに自由度がないことです。
西洋風のデザインや、モダンなデザインの墓の設置を拒否されることもあり、
旧来の和型の墓でないと認められな寺院も多く、
石材店も指定されていることもあります。

そして、何よりもお金の面で、檀家になるのならば、
お布施といった寄付金が必要になります。
(檀家は寺院を経営する一員と考えられるため、
行事、清掃などの雑務を頼まれることも多くあります。) 法要などで金品を寄付することについては決まりがないため、
多くの金額を求められる場合もあります。
お金の明確な基準がないことなどが現代ではあまり好ましくないと考えられ、
檀家の数などは減ってきているようです。

また、寺院によってはサービスの質、運営の質が悪いところもあるのは事実です。
自営業的な側面があるので、全てはその運営している寺次第なのです。
そういった点で、優良な寺院墓地といい加減な寺院墓地とで差があることを理解し、
きちんと選ぶことが大前提になるでしょう。